全自動スクリーン印刷機&視覚検測システム

全自动网印刷机和視觉检測系統
Automatic screen printing machine and visual inspection system

1:視覚検査可能な各種表面欠点
ワーク表面傷、インク層シワ、糸引き、気泡、ヒケ、ピンホール、髭、パッタン位置など

2:2つの作業モード
 1・アウトライン式

 品質検査機と呼ばれます、印刷生産ラインとは別に設置しています。印刷品質検査以外は、ワークの表面の各状況も検測出来ます。

 2・インライン式

 自動印刷生産ラインの一部であり、主には印刷品質を検査します。

3:視覚検測システム構成
本システムは主に下記部分で構成されています。

・高速スキャンラインカメラ/エリアスキャンカメラ

・視覚検測専用ライトセット

・CameraLink/Gigabit Ethernetデータケーブル

・高速画像採集カート

・高性能図形アイピーシー

・PCモニター

4:視覚システムメリット
印刷機生産ライン内、リアルタイムでアラームし作業員に指導性的に故障を排除し、欠点を表記します。

リアルタイムで欠点対象品をはじいて、出てくる製品が品質規格に満足する製品を保証します。

・人件費の削除/変わり、検査漏れ・判定間違いを防止します。

・品質規格統一性挙がって、所定規格の不一致性を避けます。

5:検測システム
 検測必要によって、他台数セットのカメラを配置し、ボルトを検測します。

詳細下記

タイプ1:

ワークを回転し(例:ボトル)、ボドル全周の画像を採集し、主にボトル外表面の欠点を検測します。

タイプ2:

ワーク(例:ボトルボディ)の側面でボトルを撮影します、ボドル表面の欠点撮影出来ます、同時にボドルの寸法も測定可能です。

このタイプの使用範囲は、主に、ボトル表面の欠点を検測、同時に、ボトル外栓、高さ、口高、口真径などを測定が対応可能です。

仕様一覧

項目 技術規格
解像度 2K-4Kブラック高速ラインスキャンカメラ

解像度0.05-0.01㎜

検測幅 20~200㎜
検測速度 1個以上/秒
寸法測定精度 ±0.04mm
ドット欠点検測制度 検出最小寸法0.0004㎟

TZ-AUTO702について詳しくはこちら

電話でお問合せはこちらから090-3232-6721受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]